キムラ緑子の演技が抜群に上手いという噂を検証!旦那マミノノゾミとの離婚と復縁の理由とは!?

様々な物語にちなんだスイーツをエピソードと共に紹介するNHKの人気番組「グレーテルのかまど」のかまどのナレーションでもお馴染みのキムラ緑子さん。様々な舞台や映画・ドラマでもベテラン女優の存在感を発揮していますが、その演技力の理由を検証します。また、旦那さんのアマノノゾミさんとの離婚、復縁の真相を詳しく調べてみました!

舞台出身で芸歴は30年以上!

今ではベテラン女優としてその存在感をいかんなく発揮されているキムラさんですが、
高校魔では演劇には全く興味はなかったそうです。

けれど大学に進学し、仲良くなった友人が演劇少女で、「サークルの見学に行くからついてきて」
と言われて初めて観た舞台に衝撃を受け、同志社大学の演劇サークル「第三劇場」に入部したのが
お芝居との出会いとなりました。




1984年に上京してからは、現在のご主人・マキノノゾミが立ち上げた劇団「M.O.P.」の
旗揚げに参加、井上ひさし作品を中心に、2010年の「M.O.P.」解散まで看板女優として
活躍されました。

2000年ごろからテレビや映画などの映像作品への露出も多くなり、2013年のNHK連続テレビ小説
『ごちそうさん』では、杏さん演じるヒロインをいびりたおす小姑役を演じられましたが、
本当にハマり役でした。

ご本人によると、「日本中のお茶の間を敵に回すかもしれない」との覚悟で演じた
迫真の演技だったそうですよ。

その覚悟の甲斐あって、これ以後、、バラエティやトーク番組への出演も激増、
今や引っ張りだこの人気女優となりました。


『医龍4』病院を裏で支えるベテラン看護師リーダー


『偽装の夫婦』人間嫌いの主人公の叔母役では毒吐きまくり!


「ドクターX〜外科医・大門未知子」では患者の妻役

このように、木村さんの映画やドラマの出演作品はかなり多いのですが、その割には
なぜか知名度があまりないような気がします。




というのも、木村さんは自分の個性を完全に消して、貴婦人から近所のおばちゃんまで、
あらゆる役柄を自在に演じることから、役の印象が強くてキムラさん自身の印象が残らないため
と評する向きもあります。

このことから、キムラさんは「カメレオン女優」の異名をとっています。

ほんっと、見えませんね!

その演技力は折り紙付きで、悪方面から高く評価されています。

 テレビ局などの制作側にとっても、キムラは貴重な存在だ。劇団時代から培ってきた演技力は折り紙つき、キレイな熟女から化粧っ気のない近所のおばちゃんまで、主役を食わないようにどんな役でもこなす。

しかも、朝ドラの“イビリ役”で広く知られるようになってからは、「キムラが出演しているから、そのドラマを見る」という“キムラマニア”まで出現しているというのだから、引っ張りだこにならないほうがおかしい。
出典:ORICON NEWS

舞台出身の役者さんはやっぱり演技の基礎がしっかりされているので、経験を積むほどに
何とも言えない存在感を発揮される方が多いですよね。

これだけふり幅の大きな役をいとも簡単にこなす実力に、脱帽です!

こちらの方もカメレオン俳優として注目です!関連記事↓
生田斗真の卓越した演技が評価される理由は!?意外に広い交友関係で芸能人の友達は?

菅田将暉、高校時代のあだ名は「王子」驚愕のモテぶり 本名 家族 演技力は

山田孝之の頬まで覆う濃い髭が気になる!意外に似合う丸刈りに「色気漂う」とファンも絶賛!

 

元旦那と再婚の真相は!?

そんなキムラさんですが、ご主人は俳優であり演出家でもあるマキノノゾミさんです。
なんとキムラさんとマキノさん、実は一度離婚されて、また復縁されてるんですね。
不思議な夫婦です。。。

キムラさんが大学時代に友人に連れられて初めて見た舞台がマキノさんの舞台だった
というところから、お二人のご縁はかなり古いんですね。

その後、マキノさんが立ち上げた劇団『M.O.P.』で一緒に活動されていたわけですが、
この劇団に入るときにも、すったもんだがあったそうなのです。

「マキノさんとは、彼女が大学時代に演劇サークルで知り合ったんですが、当時のマキノさんはスラッとした長身で髪も長く、彼女は一目惚れしてしまったんです。一度は実家に帰ったけれど、忘れられなかったんですね。でも、家族から勘当されてしまいましたから、しばらくは泊まるところさえなかったそうです。カレー店でアルバイトをしたりして生計を立て、なんとかお芝居の道を貫いていました」(キムラの知人)
出典:NEWSポストセブン

ご両親から勘当されてまで一緒に居たかったって、情熱的ですね。

お二人が結婚されたのは1992年ごろ。それからキムラさんはめきめきと頭角を現し、
2005年には第12回読売演劇大賞優秀女優賞を受賞されます。

マキノさんも2002年にはNHK連続テレビ小説『まんてん』の脚本を担当するなど、
劇作家としての地位を確立されて行きます。

順風満帆な結婚生活かと思いきや、2005年ごろにお二人は離婚してしまいます。
理由は、ある蔭口でした。

「“旦那さんが演出家なんだから良い仕事が来るのよ”って陰口叩かれたことにキムラさんは腹を立てて、離婚したんです。“実力の世界でやってやる!”って。マキノさんも彼女の気持ちをくんで、“毎日必ず連絡を取り合うという約束を守るんやったら”と離婚を認めたんです」(前出・キムラの知人)
出典:NEWSポストセブン

相性が悪くて離婚されたわけではないので、離婚後も飼い猫が互いの家を
行き来する生活だったようです。

その後、お二人は劇団が解散した2010年に復縁・再婚されました。




お二人が離婚されていた間、キムラさんも着々と実績を積み重ね、
誰にも文句を言わせない!とご自身でも納得できたのかもしれません。

結婚のときも、離婚のときも、キムラさんの自分の気持ちを曲げずに
筋を通す意志の強さを感じますね。

そんなキムラさんだからこそ、ここまでの実力を磨いて来られたのでしょうね。

これからも、ご夫婦仲良く、そしてキムラさんの「怪演」を期待しましょう!

 

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る