夏帆の双子の弟はイケメン俳優の噂の真相は!?演技力に感動したと評価急上昇!

モデルや女優として、ドラマや映画、CMなどでも大活躍の夏帆さん。実は双子で、弟さんがいるのだそうですが、この弟さんも実は俳優をされていて、結構なイケメンだとの噂されています。本当なのでしょうか?また、夏帆さんの演技力は各界から高く評価されていますが、一体どの位上手いのでしょうか?詳しく調べてみました!

似てないけれど声はそっくり!?

夏帆さんは小学5年生の時に原宿でスカウトをされたのが芸能界入りのきっかけ。
このとき、弟さんも一緒にいたそうで、夏帆さんはてっきり弟さんの方が
スカウトされたのだと思ったと言います。

その後、夏帆さんはティーン向けファッション雑誌『ピチレモン』や
ジュニアアイドル誌『Pure2』などでモデルとして活躍するように。

可愛いですね。

夏帆さんが、スカウトされたと勘違いした弟さんは、やっぱりこんな
感じで可愛らしかったのでしょうか。

ネット上で夏帆さんの弟と噂になっているのは、佐野和真さんという俳優さんで、
なかなかのイケメンです。女優の北乃きいさんとの交際も噂された方でした。

関連記事↓
北乃きいの妹が事故死!?複雑な家庭環境と中学時代のいじめ

佐野さんのプロフィールを調べてみると、1989年4月28日で神奈川県出身
とあり、一方の夏帆さんの生年月日と出身は1991年6月30日で東京都。
あれれ?双子じゃないですね。

夏帆さんと佐野さんの所属事務所は同じスターダストプロモーションですが
佐野さんと双子というのはどうやらガセ゚ネタのようです。

双子の噂の出所は不明ですが、夏帆さんが双子という情報から、同じ事務所で
年齢も近い佐野さんが弟なのだろうと噂になったのかもしれません。

実際の弟さんは、双子と言えども二卵性双生児なので夏帆さんとは似ていない
そうですが、声は似ていて、電話に出ると良く間違われるとのことです。

兄弟で芸能活動をされている方も多いですが、夏帆さんの弟さんは芸能活動は
されておらず、一般人のため情報は公開されていませんでした。




夏帆さんは、弟さんがいるせいかおっとりした見た目とは違って、結構男っぽい
性格なのだそうです。

ドラマ『ヒトリシズカ』で平山秀幸監督は、夏帆さんの性格を「正直言って最初は
年相応のキャピキャピした方だと思っていたのですが、非常に男っぽいというか竹を
割ったような方でした」とコメント。

映画『箱入り息子の恋』では、共演したの星野源さんは「テレビとかで見ていて、
かわいい人だなとずっと思ってたけど、現場に入ってとても男らしい人だなと思った。
男気があって、こびない。かわいいからかっこいいイメージに変わりました」と言っています。

普段弟さんとはどんなやり取りをされてるんでしょうね。
カッコいい夏帆さん。ますます目が離せません。

清純派からの転向で汚れ役にも挑戦!

夏帆さんと言えば、13歳で抜擢された11代目リハウスガールに代表されるように、
清純派のイメージがありました。

こちらの方は、13代目リハウスガールでした。関連記事↓
川口春奈の顔変わったのはメイクのせい!?すっぴんメガネ姿公開に「かわいすぎる!」と絶賛の嵐!
2007年の主演映画『天然コケッコー』での演技が評価され、日本アカデミー賞や
報知映画賞をはじめ、多数の新人賞を受賞。

「なんで私が?」「信じられない!」と感激する夏帆さんでしたが、ピュアな中学生役が
とてもかわいらしかったですね。

2008年のドラマ「4姉妹探偵団」では、4姉妹の末っ子で無鉄砲な性格の
佐々本 夕里子を好演します。

2010年の映画「きな子〜見習い警察犬の物語〜」では、日本一有名な
ダメ警察犬を担当する見習い訓練士の望月杏子役を演じました。

基本的に清純派の枠内の枠柄が多かったのですね。けれどそんな路線に
変化が見え始めたのが2012年あたりからでしょうか。




映画「任侠ヘルパー」では、亡き両親の代わりに弟妹を育てているキャバ嬢
という役柄に挑戦。

ドラマ「ヒトリシズカ」ではミステリアスな女性を演じています。

2013年のドラマ「みんな!エスパーだよ!」ではヤンキー高校生を演じ、
過激なパンチラや大胆な大股開きが話題になりました。

リハウスガールの時代からは想像もつかない変化に、「いつからこんな
汚れ役をするようになったの?」との声もありましたが、夏帆さんなりに
女優としての在り方を模索されていたのかもしれません。

2013年のインタビューで、今後やってみたい役柄は?という質問に
こんな風に答えています。

いろいろやりたいです。とくにコレ、と絞る気持ちはないです。お仕事のジャンルとしても、もともと映画への思いが強い部分はありますけど、他のことも大事にしていきたいと考えています。
出典:ORICON NEWS

そのために、とにかく多くの作品を観て勉強したり、積極的に旅行に行ったり
ということを意識されているそうです。

女優という仕事について、自分は「向き不向きでいうと絶対に向いてない!」
という夏帆さん。けれど、この役は絶対他の人にやらせたくない!と思う
負けん気の強さも見せます。

「いろいろな役をやらせていただき、引き出しが増えたかと思いきや、意外とそうでもなかったと(苦笑)。ひと言でいうと、これまでの蓄積がすべて“壊れていく”感じ。前の作品でこうだったから、今回の現場でそれが生きるかというと、なかなかそういうものでもないんですよね。お芝居って難しいなと毎日思っています」
出典:映画.com

向いてないと思いつつ、それでもあるとき、「これだけいろんなタイプの俳優さんが
いるんだから、ひとりくらい役者に向いていない女優がいてもいいんじゃないか」と
割り切ったら、急に色々なオファーが増えたんだとか。

夏帆さんなりにご自身の進む道を模索されているんですね。

ネット上の反応では、「演技うまい」「もう少しヒット作に恵まれても
良いんじゃない?」といった声も。

まだまだ20代半ばですから、様々なタイプの役柄を演じながら、一回一回の経験を
積み重ねていって、さらに味のある女優さんに成長していってほしいですね。

これからも、夏帆さんの活躍を応援していきましょう!

 

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る