高畑充希の実家は超金持ちだった!歌もうまいと絶賛の理由とは!?

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」や大河ドラマ「軍司 官兵衛」などに出演し、『2016年ブレイク女優ランキング』でも1位、ORICON STYLE クイーン・アワード2016を受賞された今注目の女優・高畑充希さん。実は実家が超お金持ちだったという噂があります。また、歌手としても活動され、そのう歌唱力は各界から絶賛されています。その実力はどれほどのものなのでしょうか?詳しく調べてみました!

実家は年商2億、創業70年の会社を経営

高畑さんの実家は、椅子に使用されるスプリングや弾性材のメーカーで、
高畑さんのお祖父さんが創業した会社・株式会社高畑を経営されています。

会社ホームページはこちら

会社のホームページによると、創業は戦後間もない昭和20年9月とありますから
70年以上の歴史があるんですね。2015年度の年商は12億円。東京、九州、
オーストラリアや中国など、国内外に支社を持っているようです。




高畑家は地元でも名の知られた大地主だったそうで、実家は7階建てのマンションの
最上階。土地も建物もすべて高畑家のもちものと、かなりのお金持ちです。

高畑さんはここに祖父母と両親とともに5人で暮らしていたそうです。兄弟は
いないので一人っ子で、祖父母と両親の愛情を一身に受けていたのでしょう。

ご両親はかなり教育熱心な方だったようで、充希さんは幼稚園の頃から塾に通い、
ピアノや声楽、習字などを習い、幼いころから勉強も良くできたと言います。
まさに英才教育ですね。

小学校卒業された後、中高一貫の超名門私立中学に進学したのですが、その学校は
偏差値70以上で京大や阪大に毎年50人以上合格させる関西きっての進学校・
四天王寺中学校だそうです。

ただ、高畑さんは女優になる夢を持って中学卒業後は東京の高校へ
進学されています。




高畑さんが女優を目指したのは、舞台鑑賞が好きなご両親、特にお母さんの
影響が大きかったようです。週末には親子三人でよく舞台を見に行っていた
といいます。

小学校から中学校までの間に、舞台や芸能事務所のオーディションを十数回も
受けて全て落ちていたそうで、受からなかった時には早稲田大学の演劇研究会に
入ろうと、小学校低学年から塾に通って猛勉強したんだそうです。

早稲田の劇研といえば、堺雅人さんも「早稲田のプリンス」と言われ活躍
されていましたよね。

関連記事↓
堺雅人は高学歴だけれど実は障害を持っていた!?親から勘当されてタンポポを食べた極貧の下積み時代

けれど、早稲田に入る前に、高畑さんは女優として道を歩み始めます。

中学在学中に、ホリプロが創業45年を記念して主催する『山口百恵トリビュート
ミュージカル プレイバック part2 〜屋上の天使』の出演者オーディションで9621人の
応募者から見事、主演の座を獲得され、女優デビューを果たされました。

幼いころからの夢を叶えて、嬉しかったでしょうね!

こちらの方も実家が裕福で偏差値の高い学校出身です。
関連記事↓
北川景子の父親は医者でお嬢様だった?飼い猫はマリーアントワネットと同じあの種類!

岩田剛典の実家は超豪邸だった!?父はあのメーカーの会社社長だった!?

ミュージカル界を背負っていかれる逸材

今や見ない日はない程の活躍を見せる高畑さんですが、舞台女優を目指していた
だけあって、その歌声にも定評があります。

2007年にはコブクロの小渕健太郎さんがその歌声に惚れ込み、小渕プロデュースで
シングル「大切なもの」で歌手デビューを果たしています。

「大切なもの」は自ら出演する映画『ドルフィンブルー フジ、もういちど宙へ』
の主題歌に採用されましたし、同シングルに収録の「ひとつだけ」はドラマ
『セクシーボイスアンドロボ』の主題歌になっています。

その後もアルバムやシングルを出していて、2013年の連続テレビ小説『ごちそうさん』
で披露した歌声が脚光を浴びました。

2015年12月には、デビュー10周年を記念した初のワンマンライブも開催されていたんですね。

こうした活躍も、幼いころからコーラスや声楽などを学んで来たしっかりとした基礎が
あったからこそでしょう。

女優の黒木瞳さんは、高畑さんの歌について「歌声の力強さ、清らかさが素晴らしくて
度肝を抜かれました。その潜在能力の高さはまさにミュージカル界を背負っていかれる逸材」
と絶賛するほどでした。




そんな透き通るような伸びの良い歌声、いつまでも聞いていたくなってしまいます。
CMでも高畑さんの歌声がいかんなく発揮されています。

こちらはドコモ光のCM。

ウメッシュのCMも印象的でした。ロングバーションでどうぞ。(^^)
こんな歌だったんですね。

脚本家がわざわざ高畑さんの歌のシーンを入れたくなるのも分かりますね。

そんな高畑さん。主演は少ないのですが、脇役でも確かな演技力でその存在感を
しっかり発揮しています。

まだまだ伸びていきそうな高畑さん。今後の活躍を大いに期待しましょう!

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る