神木隆之介の声優出演作で興行収入TOP3制覇?子役出身でも成功した意外な理由とは!?

子役の頃からドラマや映画などで活躍されている神木隆之介さん。実は声優としてもその実力を評価する声は高く、注目を集めています。また、一般に子役で成功すると成長してからも芸能界で成功し続けるのは難しいと言われていますが、そんな声をものともせず人気に陰りを見せません。その意外な理由を探ってみました。

出演作品は軒並みヒットする?

2016年に公開された「君の名は。」に立花瀧役で出演している神木さん。
新海監督からは「抜群にうまい。最初から何のズレもなかった」と絶賛されるほどでした。

この神木さんの演技力も相まって、映画は8月26日の公開後、1週を除き13週目まで
週末動員数1位を12回も獲得。12月には興行収入200億円を突破しました。

この記録は、ジブリ映画の「もののけ姫」「ハウルの動く城」を超えて、
日本のアニメ映画の歴代興行収入2位となっています。凄い快進撃ですね!

ちなみに2016年現在、日本アニメ映画の興行収入ランキングTOP3は以下の通り。

1位 千と千尋の神隠し
2位 君の名は。
3位 ハウルの動く城

おぉ!ということは、このすべての作品に神木さんが出演されているということになります!

実は神木さんが声優として主役級で出演する映画の興行収入は主なものを挙げてみても、
『サマーウォーズ』16.5億 円、『借りぐらしのアリエッティ』92.5億 円!

神木さんが出演する作品は軒並みヒットするんじゃないか!?と噂されるゆえんですね。

抜群の表現力で数々の名作に出演していた!

また、あの人気作のあのキャラクターの声も実は神木さんだった!というものが結構あるんですよ。
神木さんの出演作品をざっと挙げてみましょう。

・2001年 千と千尋の神隠し 坊役

・2004年 ハウルの動く城 マルクル役

・2006年 星をかった日(三鷹の森ジブリ美術館の短編作品)ノナ役

・2006年 ドラえもん のび太の恐竜2006 ピー助役
・2007年 ピアノの森 雨宮修平役

・2009年 サマーウォーズ 小磯健二役

・2010年 借りぐらしのアリエッティ 翔役

・2011年 とある飛空士の追憶 狩乃シャルル役

「千と千尋の神隠し」に出演された時、神木さんは何と8歳!
「ハウルの動く城」の時でさえ、小学校5年生でした。

ジブリの鈴木敏夫プロデューサーも神木さんの才能にほれ込む一人。
長年ジブリ作品に出演されていることで築かれた信頼関係も、深いものがあります。

やっぱり、本当に実力が無ければ、ここまで様々な作品に呼ばれることは無いですよね。
神木さん、声の演技でもピカ一でした!

子役からイケメン実力派俳優へ

一般に、子役でブレイクした人がそのまま芸能界で俳優として活躍していくのは
難しいと言われています。刺激的な芸能界でちやほやされ、性格が歪んでしまったり、
成長に伴って容姿が激変し、見ている人のイメージがついていかないなどがあるからです。

けれどこの点、神木さんは奇蹟的なほどにこうした要素をクリアしています。



まず、神木さんの性格の良さ。これは共演者やスタッフからも折り紙付きです。
映画「サマーウォーズ」の細田守監督からは「控えめで自意識過剰ではなく、勉強熱心」と
評価されています。

子役でブレークしてしまうと、どうしても自意識過剰担ってしまいがちですが、
神木さんにはそれが無いのですね。

また、容姿も子役時代の愛らしい姿から、少年時代の面影を残したまま、透明感のある
好青年に成長しました。167cmのやや華奢な体つきも、子役時代のイメージを崩しません。

さらに、芸能界で長く活躍していくには事務所の力も大きくものを言います。
神木さんの所属事務所はアミューズという、芸能界でも屈指の大手です。

サザンオールスターズや福山雅治さん、深津絵里さん、岸谷五朗さんなど、
ミュージシャンから俳優まで、様々なジャンルで活躍されている芸能人が多数所属しています。

事務所の力が大きければ、仕事を取ってくる力も大きく長く活躍できるわけです。

神木さん自身の努力と実力だけではなく、こうした要素も含めて、運がついていたとも言えます。




そんな神木さんが芸能界に入ったのは、出生時に「生き残る確率が1%」という大病をし、
これを無事に生き抜いたことから、お母さんが「生きている証しを残したい」と願って2歳の頃に
「セントラルグループ・セントラル子供タレント」へ入団させたのがきっかけでした。

1%の確立を潜り抜けてその才能を開花させ、活躍されている神木さん。
末永く、いい仕事をして欲しいですね。

これからも神木さんを応援していきましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめ記事

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る