草彅剛のハゲ回復プロセスを画像で検証!「演技力半端ない!」と絶賛の訳とは!?

2016年のSMAP解散後も、ドラマ「嘘の戦争」の演技力が半端ない!と絶賛されて、俳優としての実力を見せつけた草彅剛さん。その才能を認めた各界の一流人たちの言葉を集めてみました。また、一時期かなり薄くなっていたと言われる頭髪でしたが、このところ回復しているとの声があります。実際はどうなのでしょうか?画像から検証してみました。

ハゲ伝説の始まりは30歳の誕生日!?

かねてよりハゲの噂のあった草薙さん。一体いつからそんな噂が出るように
なったのでしょうか?

調べてみると、どうやら2004年に「笑っていいとも」で30歳の誕生日を
お祝いしてもらったときのタモリさんの一言がきっかけになっているようです。

番組のオープニングでお祝いのケーキが出てきたとき、タモリさんが一言。
「ちょっときちゃってるよね」と衝撃の言葉が!

これには草薙さんも「嫌なこと言わないで下さいよ!」とかなり動揺されていた様子。

この頃の作品での画像を見てみると、こんな感じでした。

確かによく見ると、ちょっとおでこが広いかも?という印象があります。
といっても元々おでこが広い顔立ちなのでは?と思ったので、、もっと
若い頃はどうだったんだろう?と思い画像を探してみました。

こちらは13歳の時の草彅さんですが、前髪を下しているので実際の
おでこの広さは分かりませんね。でも髪の毛はふさふさです。

こちらは20代の頃。

実はこのタモリさんの発言以前から、草彅さんもかなり気にしてケアを
されたようです。

「草なぎは頭髪が危うくなってきた2000年ごろから専門クリニックに通い、医者に相談して治療薬を服用しているそうです。他にも民間療法や頭皮を黒く染める方法なども試しており、ジャニーズの中では『髪のことなら草なぎに聞け』といわれるほどの存在。稲垣や中居も草なぎに教えを請い、治療薬を試すようになったそうです」(週刊誌記者)
出典:exicite.ニュース

こうした努力が実ってか、草彅さんお頭髪はかなり持ち直してきたようで、
2013年には、中居正広さんとともに育毛シャンプー「スカルプD」のCMに出演
されました。

見てみると、毛量もかなりしっかりされてきている様子です。

スカルプDから生まれたへアワックス「D-STYLE WAX」のCM会見では 、
「おでこの広さやクセ毛が昔から悩みだった。」と髪の毛の悩みを告白し、
自身の体験を隠すことなく、逆に強みにされていました。




今では薄毛の気配も感じさせないくらいですね。
こちらは2015年ごろのものです。


自らの体験を逆に活かして強みにした草薙さん。今後も、薄毛に悩む芸能人の
指南役であり希望になっていくのかもしれません。

圧倒的な演技力でネットも騒然!

SMAP解散後、初主演となったドラマ「嘘の戦争」は、2015年の“草彅剛・復讐シリーズ
”第1弾『銭の戦争』に続く第2弾として制作されたドラマですが、ここで見せた
草彅さんの演技力の高さに、ネットでもかなり話題になりました。

ネット上の声を集めてみました。

・剛くんの感情表現は、いつもながら上手い。セリフがなくても、ちゃんと伝わる。
・草彅君の演技に吸い込まれていく。
・草彅君の演技は見てる人を引き込む天才的なものがあると思う。
・目がね半開きとも言えないし、見開いているとも言えないし、本当に騙しながら笑っているように見える演技はすごいと思った。
出典:http://snowfur100.xyz/archives/2121

元々演技力に定評のある草彅さんでしたが、このドラマでは役柄の
主人公が接する相手が変わるごとに、見る人に異なる印象を与え、しかもその
どれもその人物の真実を表しているという、厚みのある演技をされていました。

そうした演技に、このドラマのノベライズを担当された相田冬二氏は、こう評しています。

浩一は、復讐相手を見る。そして、仲間を見る。だが、その目は、単なる憎しみではないし、単なる信頼ではない。その眼差しには、わかりやすい感情は注入されておらず、一見、彼は「ただ、眺めてるだけ」なのではないかと思わせるほどだ。だが、そうではない。ふと、気づけば、底なし沼のように、深い深い人間性に魅入られている。そう、この主人公のことが、もっと知りたくなるのだ。

(中略)

どういうキャラクターなのか、尻尾は掴まえさせない。だが、どの瞬間も「この男の真実」と思わせる説得力がある。カモフラージュがない。「全部、本当」という力技。
出典:ウレぴあ総研

このケタ外れの演技力、以前から各界の一流人たちから称賛されてきました。

劇作家・演出家・直木賞作家のつかこうへいさんは、草彅さんを「大天才」と
最大級の賛辞を送っています。俳優への注文の多いことで知られるつかさんが、
草彅さんの演技に一度も注文を付けたことがなく、「好きにやってくれ」と言うほど。

演出家・脚本家・直木賞作家のさんは、「役者がだれでもそれを目指してほとんどが
できないことをすらっと出来てしまう。天才の天才たる所以」と語ります。




この他、数々の人たちが草彅さんの驚異的な集中力と演技力を称賛しています。

・「天賦の才」「あの年代でNO.1の俳優だと力強く断言する」 演出家・脚本家の河原雅彦氏
・「彼の手のなかにその役も作品もある。いつも驚かされるところです」 星護
・「役柄を感覚でとらえて、納得すると細密画を描くように役を形づくっていく」 渡辺えり
・「役者に役が『乗り移る』瞬間を、僕は初めて見た」 三谷幸喜

これほどの称賛を受ける草彅さんは、やはり相当な努力をされているようです。
香取慎吾さんは「とにかくつよぽんは勉強家」であると言い、何に対しても
「真面目すぎるくらい真面目に作品に取り組む」のだそうです。

そうした姿に、渡辺えりさんも「天才的な努力家」と感嘆、三谷幸喜さんをして
「こんな役者さんは初めてだ」と言わしめています。

努力も才能の内と言われますが、それも草薙さんの天賦の才なのでしょう。
こうした姿勢は、監督や演出家、共演者に留まらず、見る者を圧倒する演技となって
表れています。

数々の作品に出演されてきていますが、多くの監督が役をイメージするとき、
「この役を演じられるのは草彅さんしかいない」と真っ先にその名前が挙がるのも、
頷けます。

これからも、年を重ねてますます素晴らしい作品に出演していってほしいですね。

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る