志田未来の声優演技が意外に上手かった?父親は東進のあの人気講師!?

大きな黒い目が印象的な女優の志田未来さん。数々のテレビドラマに出演されていますが、2010年にはジブリ映画の『借りぐらしのアリエッティ』で声優初挑戦。その演技が意外に上手かった!とネット上で話題になりました。また、父親はあの林修先生で有名な東進ハイスクールの人気講師だという噂があります。真相を調べてみました。

いい意味で期待を裏切られた

志田さんは6歳の頃にセントラル子供劇団に入団して芸能活動を開始されています。
ドラマ「女王の教室」で注目を浴び、「14歳の母」や「秘密」など難しい役を
演じるなど、主演が多いのもその演技力の高さゆえでしょうか。

天才との評価がある一方で、志田さんの演技はわざとらしい、滑舌が悪い、
泣いてばかりで下手だという声もあります。

志田さんの演技には絶賛する声と酷評する声とがあって、好き嫌いの分かれる
演技と言えるのかもしれません。

ところが、17歳で挑戦したジブリ映画『借りぐらしのアリエッティ』では、
絶賛する声が多数あります。

よかったね
かといって声優のくさい演技じゃなく、
新鮮だった
出典:http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/animovie/1279508647/

志田未来と三浦友一は映画見ながらぜんぜん顔が浮かんでこなかった
志田に至っては途中で「あれ、志田ってどんな顔だったっけ」って思い出そうと
してもアリエッティの顔でしか浮かんで来なかったくらい
それだけキャラクターと役者がうまく溶け込んでいたんだと思う
出典http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/animovie/1279508647/

映画すでに見た後だからっていうのもあるかも知れないけど
CMで流れる「アリエッティよ」の一言を聞いただけで
14歳の少女らしい瑞々しさと戸惑いを含んだ感情が表現されているだろう
普通のアイドル声優がやっても絶対出せなかった繊細な演技だと思う
出典http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/animovie/1279508647/

芸能人の声優への起用には厳しい声も多いですが、プロの声優さんにはない表現で、
説得力のある演技ができたからこその高評価なのでしょう。

数々の受賞歴のある志田さんですが、10代でザテレビジョンドラマアカデミー賞
主演女優賞を2度も受賞するのは史上初というのも、その演技力が本物であることを
物語っているのではないでしょうか。

理想の男性像は父親

志田さんはご両親と1歳年下の妹さんの4人家族だそうですが、とても家族仲は良い
ようです。

妹さんをこき使っているというエピソードもありますが、基本的に妹さんが大好きで、
妹さんが変な男性と付き合っていないか携帯をチェックしたり、ディズニーランドまで
尾行したこともあるんだとか。

う~ん、ここまで来るとどうなんでしょうか。さすがに妹さんにも「ウザい」と
言われているそうですが、家族と言えど、プライバシーは守ってあげたいところです。




お母さんともガールズトークや台本の読み合わせなどをするそうですし、志田さんの
理想の男性像は父親というほど、お父さんも大好き。家族でリビングで一緒に過ごすのが
好きなんだそうです。羨ましい家族仲ですね。

そんな志田さんのお父さん、実はあの林修先生の在籍する東進ハイスクールの
数学科の講師だという噂があります。

お名前は志田晶さんと言い、1995年から2007年まで河合塾に在籍されていましたが、
2008年からは現東進ハイスクールの東進衛星予備校に移籍された人気講師です。

あくまで噂ですが、志田さんもお父さんから勉強を習ったりしたのでしょうか。

いずれにせよ、仲の良い家族は志田さんの活躍を支える心のよりどころと
なっているでしょう。

志田さんにはこれからも、女優として磨きをかけて頑張ってほしいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめ記事

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る