小栗旬のアニメ声優作品がめちゃくちゃうまい!?とにかく忙しい父親の意外な職業が判明!

2012年に歌手で女優、モデルで活躍されている山田優さんと結婚し、2014年には女のお子さんのお父さんになられた小栗旬さん。ドラマや映画、舞台にと大活躍ですが、アニメ作品の声優もされていて、めちゃくちゃうまい!と絶賛されています。また、お父さんはとても意外な職業をされていて、かなりすごい方のようです。詳しく調べてみました!

「声優っぷりがハンパねぇ!」と絶賛の嵐!

映画やテレビ、舞台でも多くの作品に出演されている小栗さんですが、実は声優としても結構
キャリアがあります。

【テレビアニメ】
・2006年「獣王星」サード役
・2006年 The World of GOLDEN EGGS #21 ゲストボイス・エミリオ 役
・2007年 湾岸ミッドナイト 主役 朝倉アキオ 役
・2009年 スポンジ・ボブ ジャック 役
・2010年 RAINBOW-二舎六房の七人 主役 水上真理雄 役
・2011、2012年ドラえもん ゲスト・甘栗旬役
・2014年 信長協奏曲 ナレーション
・2016年 ONE PIECE 〜ハートオブゴールド〜マッド・トレジャー 役

【劇場アニメ】
2005年劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 アルフォンス・ハイデリヒ 役
・2006年 劇場版 どうぶつの森  とたけけ 役
・2007年 サーフズ・アップ  主役 コディ 役
・2008年 HIGHLANDER ハイランダー 〜ディレクターズカット版〜 主役 コリン 役
・2012年 ドラえもん のび太と奇跡の島 〜アニマル アドベンチャー〜 甘栗旬 役
・2012年 グスコーブドリの伝記 主役 グスコーブドリ 役
・2013年 キャプテンハーロック -SPACE PIRATE CAPTAIN HARLOCK- 主役 ハーロック 役

・2014年 ドラえもん 新・のび太の大魔境 〜ペコと5人の探検隊〜 サベール隊長 役
・2015年 バケモノの子 渋谷区役所役員 役
・2016年 ONE PIECE FILM GOLD マッド・トレジャー 役

これ以外にも、ゲームやナレーション、ラジオドラマのお仕事もされているのですね。
低く、深みのある声が幅広い年代に支持されています。

映画「ONE PIECE FILM GOLD」のマッド・トレジャー 役は、「どうしても小栗旬さんが敵役で
ルフィと対峙する姿を見てみたい」という製作スタッフからのオファーを受けての出演でした。

マンガ好きで、元々「ONE PIECE」のファンだという小栗さん、願ってもないオファー
だったでしょう。

「実は一度依頼をいただいたときは、“これは自分の声じゃない方がよいかな”と思う役柄だったんですけど、今回のマッド・トレジャーなら自分の声でもできるなと思って……良い役が回ってきてよかったなと思いました」と2度目の機会で出演が実現したそう。出典:シネマトゥデイ

ネット上の反応も「うますぎてビビる」「 よく芸能人がやる声優ってすごい変だけど、
マッド・トレジャーすごくいい!!」などと上々です。

アニメの役に声を当てるのに、芸能人を起用することには厳しい意見も多いのですが、
辛口の向きも、「ある程度のライン越えてる人の起用なら誰も文句言わんよね」という
ことのようです。




声優をやっても高評価の芸能人には、神木隆之介さん、藤原竜也さん、宮崎あおいさん
神田沙也加さん、志田未来さん、唐沢寿明さん、大御所では美輪明宏さん、夏木マリさんも
圧倒的な存在感を放ちます。

関連記事↓
志田未来の声優演技が意外に上手かった?父親は東進のあの人気講師!?

神木隆之介の声優出演作で興行収入TOP3制覇?子役出身でも成功した意外な理由とは!?

声優がうまい俳優さんは、やはり演じることの土台がしっかりされているので、表現方法が
全身から声に変わっても、役に命を吹き込む力が衰えることは無いのでしょう。

人気俳優の息子の2倍は忙しい父親とは?

小栗さんのお父さんは小栗哲家さんと言い、舞台監督のお仕事をされています。
日本舞台監督協会理事でもあり、株式会社アートクリエイション代表取締役と、
会社の社長さんでもあります。

国内外の様々なオペラの公演を手掛けており、現在は東京芸術大学大学院音楽研究科
応用音楽学非常勤講師や兵庫県立芸術文化センター企画制作アドバイザーなどもされています。

小栗さんが知る限りでは、1年間に10日も休んでないそうで、「俺の2倍は忙しい人」と
人気俳優の息子に言わしめるほど。そんなお父さんを小栗さんはとても尊敬しているそうで、
ライバルにお父さんの名前を挙げています。

株式会社アートクリエイションのホームページはこちら

会社の沿革を見ると、「1988年6月に(株)クリエイションの制作部門が、
(有)アートクリエイションとして独立、その後、1991年7月に株式会社に組織変更」
とあります。業務内容はこんな感じです。↓

1.舞台公演、音楽公演、各種催し物の企画及び制作。
2.関係スタッフ、出演者の養成、マネージメント。
3.関係要員、資料、物品、会場等の手配、調達、貸出。
4.公演の準備、進行等の制作管理。
5.印刷物、音響、映像、写真等による公演の記録の作成。
6.映像素材の製作、映像機材の手配、貸出。
7.外国人演奏家、舞台スタッフの招聘。
出典:Art Creation

これを見る限り、おそよ舞台に関わること全般をされているようですね。

スタッフを見ると、制作のところに小栗了さんのお名前が見えます。

小栗了さんは旬さんの6歳上のお兄さんで、元俳優さんです。今は俳優業は引退されており、
ディスピエールというアパレル会社の運営に携わっているそうです。

ディスピエールのホームページはこちら

このブランド自体は「2009年春より企画が始まり、2010年度、春夏よりデザイナー
大岩大祐が設立したブランド」とありますが、了さんのアメブロのプロフィールには
こんな風に書かれています。

株式会社NAC取締役。
現在、某劇場で運営の仕事をしつつ、
新しいアパレル部門を立ち上げ中。
色々と模索しながら、
デザイナー大岩大祐と日夜、
ない頭を絞ってます。
元・売れない役者。
出典:http://profile.ameba.jp/ryoguri/

会社のサイトを見ると、舞台衣装を提供されていたり、小栗旬さん、山田優さんの衣装提供なども
されているようですね。お父さんと弟さんと、密につながりながらお仕事をされているんですね。

小栗さんのご家族は、なかなかクリエイティブなお仕事に関わるご一家のようです。

小栗さんの素晴らしい才能は、お父さん譲りかもしれません。これからも、小栗さんの
まずますの活躍を楽しみに応援しましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめ記事

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る