古川雄輝 の父は国際的に活躍するエリート医学博士だった!フォロワー100万越えと中国での人気が半端ない!?

180cmの長身と童顔のギャップが女性の心をがっちりつかんでいる古川雄輝さん。NHKの連続テレビ小説「べっぴんさん」でも、28歳にして15歳を演じて違和感なし!と評判です。そんな古川さん、実はお父さんはエリート医学博士だったことが判明しました!また、中国版Twitter「新浪微博(Sina Weibo)」のフォロワーは100万越えの人気だそうです。詳しく調べてみました!

研究熱心なエリート研究者の父

古川さんはお父さんの仕事の都合で7歳からカナダで8年間過ごし、高校からは
単身でアメリカのニューヨークで3年、計11年間を海外で過した帰国子女です。

このため得意の英語を活かして、日本の舞台を海外で上演するときにプロモーション
活動などもされていたりしますね。

そんな古川さんのお父さんは、難病の新薬を開発している国際的にも有名な研究者
なのだそうです。

とても頑固で研究熱心で、自腹で研究費を出してしまうこともあったのだとか。
その業界では、かなり知られた研究者だということです。

古川さんは、高校を慶應義塾ニューヨーク学院へ進学し、日本に帰国してからは慶應義塾大学
理工学部に進みます。

幼いころからなりたい職業に「医者」と書いていたように、お父さんの後を追って医者を
志していたため、後に医学部に編入することも考えての学部選択だったようです。

けれど在学中の2009年にミスター慶応に選出され、2010年にはホリプロ創業50周年記念事業
の一環として開催された新人発掘オーディション「キャンパスター★H50withメンズノンノ」で
審査員特別賞を受賞したことをきっかけに芸能界デビューします。

このオーディションで古川さんは優勝を狙っていました。けれどそれが叶わなかった
ことがとても悔しくて、だったら思い切り役者をやってやろうと、デビューを決意
されたのだそうです。

とは言え、この時すでに大学院の合格も決まっていたために、この進路変更には
お父さんも大反対!けれど、古川さんは自分の意思を通します。こうした頑固なところは、
お父さん譲りのようですね。(^^)

そうやって自分で決めたことをしっかりやり通して結果を出しているところは、
さすがです。




ちなみに、古川さんにはお姉さんと弟さんがいて、弟さんは医学の道に進まれたそうです。
何ともハイスペックなご一家ですね。

ハイスペックついでにもう一つ。古川さんがミスター慶応を勝ち取った2009年には、
なんとあの三代目J Soul Brothers、EXILEのメンバー岩田剛典さんも出場されて
いたんです!岩田さんを抜いて優勝とは、レベル高すぎです!

関連記事↓
岩田剛典の実家は超豪邸だった!?父はあのメーカーの会社社長だった!?

空港に1000人が押し寄せる!

古川さんが海外進出をしたのは2013年日英共同作品『家康と按針』は最初です。
中国で絶大な人気を博するきっかけとなったのは、同年日本と同時に中国で配信された
主演ドラマ『イタズラなKiss〜Love in TOKYO』でした。

この作品は、多田かおるの大人気少女漫画が原作で、古川さんが演じたのは、
IQ200の天才でスポーツ万能、容姿端麗でツンデレという入江直樹という
キャラクターでした。

この入江直樹の役が古川さんのイメージにぴったりとはまり、人気に火がつきます。

中国・上海で日本人俳優初となるファンミーティングでは1200人を動員。
空港に1000人を超すファンが出迎え、宿泊先のホテルには約300人が待ち構える
という騒ぎになるほど。

その後もこの勢いはとどまるところを知らず、「男神」と呼ばれています。
もう「神」なんですね。

中国版Twitter「新浪微博(Sina Weibo)」のフォロワーは2015年10月現在で145万を
越えるそうです。

これまで、この作品は1996年に柏原崇と佐藤藍子のW主演でドラマ化され、
平均視聴率10.1%を記録しています。

また、台湾版、韓国版も制作され、入江直樹役を台湾版ではジョセフ・チェン、
韓国版ではキム・ヒョンジュンなど、そうそうたるイケメンが演じてきました。

けれどその中でも特に、古川さん演じる入江直樹がファンに受け入れられた
ということのようです。

この人気から、2014年には日中合作ドラマ『不可思議的夏天』にて主演を務め、
中国の配信会社「iQIYI」(アイチーイー)が主催するアワード「尖叫2015爱奇艺之夜」
で「アジア俳優賞」を日本人として初めて受賞します。

また、韓国でも2015年に日韓合作映画『風の色』にて主演を務めるなど、その活躍は
ワールドワイドですね。

古川さんのますますの国内外の活躍を期待して、応援していきましょう!

関連記事

コメントは利用できません。

おすすめ記事

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る