相武紗季 姉と不仲って本当?出身校、父親の職業は?

親しみやすい笑顔で映画やテレビドラマ、CMランキングにも登場する相武紗季さん。実はご実家はお金持ち、お姉さんも有名人だったのです。出身校から家族構成の噂の真相まで調べてみました。

ドラマ、CM、声優にも挑戦

相武さんは後にお伝えするように、幼いころから芸能界を意識する環境に育たれました。
地元の雲雀丘学園高校在学中に、 2002年「夏の高校野球PR女子高生」へ応募し、
およそ1000人から選出されます。

「高校球児への会いたさ」から応募されたそうですが、ご自分なりに、
芸能界への道を模索されていたのではないでしょうか。

このPRビデオが地元テレビで放送されていたのを、帰省中だったマネージャーが
見てスカウトしたのがデビューのきっかけとなりました。

2003年に『WATER BOYS』で女優デビュー。『17才夏。〜屋上ガールズ〜』、
シナリオ登竜門大賞受賞作『なつのひかり。』など単発ドラマで主役を演じます。

2005年にはNHKの『どんまい!』で連続ドラマ初主演。「CM女王ランキング」などに
名を連ねるようになります。

映画では、演技を学んでいたアクターズクリニックで監督塩屋俊の目にとまり、
『ビートキッズ』で初ヒロインを演じました。

また、『ドラえもん のび太の新魔界大冒険 〜7人の魔法使い~』ではヒロイン役など、
声優にも挑戦。

2010年には初舞台となるPiper #8『THE LEFT STUFF』へ出演、コミカルな
キャラを演じました。

また、2013年4月から8月までアメリカへ語学留学、サンフランシスコやボストンなどで
学ばれました。

私生活では、2016年に友人を介して知り合った化粧品等の企画・制作及び販売、
イベント制作などを手掛ける会社を経営する5歳年上の一般男性と結婚されています。

父は開業医、タカラジェンヌの母と姉

相武さんのご家族は、ご両親と2歳違いのお姉さんの4人家族です。

お父様は、宝塚市で開業医をされています。ただ、どこの病院なのかは
調べてみましたが、詳しいことは分かりませんでした。

学生時代はアメフトをされていたそうで、体育会系の行儀作法には
厳しい方だったようです。

相武さんはアメフトファンであることをツイッターで呟かれていますが、
これもお父様の影響だったのですね。

ご実家のある宝塚市雲雀ケ丘は、古くからの旧家が多く、お金持ちが
たくさん住んでいる地区と言われています。

実は相武さんは、母、姉ともにタカラジェンヌで、お母さまは62期生の
朱穂芽美(あけほめみ)さん。1976年入団、1982年まで活躍されました。

一方のお姉さんは、87期生、星組娘役の音花ゆり(おとはなゆり)さん。
(本名は相武由梨さん)2001年入団、2015年に退団されましたが、
歌手としての評価が高かったようです。

ショーのクライマックスを飾るパレードで、スポットライトを浴びながら歌う
エトワールに7度も起用されています。

姉のゆりさんは、お母さまの影響もあってか、幼いの頃からタカラジェンヌになる
夢を抱かれ、小学生の頃からバレエ、日本舞踊、声楽のレッスンに通われていた
そうです。

少女時代から、一心にタカラジェンヌを目指して努力されていたのですね。

出身校はどこ?

相武さんの出身校は、地元の中高一貫校である雲雀丘学園(ひばりがおかがくえん)
です。この学園には小学校、幼稚園もあり、相武さんは小学校もこちらの学園です。

高校の偏差値は調べたところ、62でした。

芸能活動のために上京されてからは、東京の日出高等学校に転校されています。

相武さんは、「一番落ち着くところが家族の居る実家」と言っていることからも、
多感な少女時代に上京されるのは、辛かったかもしれませんね。

姉とは不仲だった?

早い時期から歌や踊りのレッスンに通い、才能を開花させていくお姉さんに
対して、相武さんはコンプレックスを抱いていたようです。

相武さん自身も宝塚は意識されていましたが、「何でもできる優秀なお姉」と
「不器用で何もできない妹」という越えられない壁があったそうです。

お母さまは、妹の紗希さんにできないことがあると、「姉さんを見習いなさい、
なぜのようにできないのか」というようなことを言ったそうで、そのことに
紗希さんは強く反発心を抱いたそうです。

そんなこともあって、お姉さんと同じ道では到底かなわない、と宝塚には
見切りをつけ、芸能界への道を選びます。

デビューの際には、お父様は大反対されたそうですが、それを押し切ったのも、
こうしたお姉さんとの比較され続けてきたことがあったのでしょう。




密かにライバル心を抱き続けてきたお姉さんのことを、相武さんは長い間、
語ることはありませんでした。

初めてお姉さんのことを公表したのは、デビューから6年目になる2014年に
トーク番組に出演した時でした。

互いに活躍する中で、相武さんもコンプレックスではなく、しっかりと自信を
つけていったのでしょう。

今では姉妹が抱き合う姿をインスタグラムで公開するほど、中の良い姿を
見せてくれています。

「甥」の真相は?

相武さんには甥っ子がいて、とてもかわいいという噂があったので調べてみました。

音花ゆりさんは結婚されて、子供もいたの?と不思議に思ったのは、宝塚では
入団中は結婚も禁止、妊娠なんてもってのほか!という暗黙の決まりがあるようなのです。

当然、2015年に退団されたばかりのゆりさんは、結婚も出産もされていません。

よくよく調べてみると、この噂の出どころは、ミュージカル「ロミオとジュリエット」
の中で、甥のティボルトに恋するキュピレット夫人をゆりさんが演じたことから、
「相武紗季 姉 甥」という検索キーワードが上がっていたようなのです。

相武さんには、まだ甥っ子さんはいませんでした。

けれど音花ゆりさんも美人さんですから、そう遠くない内に甥っ子ができる
かもしれませんね。

相武さんご本人のお子さんができる方が先かな?

これからも、相武さんのご活躍を応援したいですね。

関連記事↓
相武紗季が結婚相手との離婚を勧められる驚きの理由とは!?2017年第一子妊娠中を発表!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめ記事

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る