阿部寛 身長を逆サバ読んでる?愛車はファミリア?

日本人離れした濃い顔立ちと抜群のルックスで人気を維持し続けている阿部寛さん。男前なだけではなく、ちょっととぼけたキャラクターも、幅広い層から支持を受けています。背が高くて魅力的ですが、実は逆サバ読んでる?という声も。今回は、阿部さんの愛車がファミリアという噂も検証します。

モデル出身俳優の先駆け

阿部さんは、大学在学中の1983年、姉に勧められて優勝賞品である車ほしさに
「集英社第3回ノンノボーイフレンド大賞」に応募し優勝。
以降、雑誌『ノンノ』『メンズノンノ』のカリスマモデルとして活躍されます。

1987年に映画『はいからさんが通る』で俳優デビュー、同年以降は主に俳優業で
活動しますが、次第に仕事も減ってしまいます。

転機となったのは、1993年の舞台『熱海殺人事件 モンテカルロ・イルージョン』で、
バイセクシュアルの部長刑事役で主演。

その後1995年のNHK大河ドラマ『八代将軍吉宗』への出演を皮切りに、
時代劇の重要な役どころのオファーが増えていきます。

2000年には、仲間由紀恵さんと共演したドラマ「TORICK」で、自身のモデル時代の
写真を自虐ネタとして多用するなど、徹底して三枚目の役を演じ、人気を博しました。

テレビドラマでは、『結婚できない男』での演技が、「2006年上半期がんばった大賞」で、
FNSがんばった大賞を受賞されました。

2012年には、映画『テルマエ・ロマエ』で、第34回ヨコハマ映画祭 主演男優賞、
第55回ブルーリボン賞 主演男優賞、第36回日本アカデミー賞 最優秀主演男優賞』を受賞。

私生活では、2007年に15歳年下の一般女性と結婚されています。

身長逆サバ読みは本当か?

所属事務所の後悔プロフィールによると、身長189cm、体重 75Kg、 靴 27cm
とありますが、実際の身長は192cmだそうです。

なぜ逆サバなんて読んでるのか?それは、その高身長のせいで仕事が来なかった
不遇時代のことがあるせいでしょう。相手役の女優さんと並んでもバランスが
良くないことから、なかなかオファーがもらえなかったんですね。

ファッションモデル出身の整ったルックスもアダとなって、ご本人曰く、
「フェラーリで乗り付けるような」二枚目のありきたりな役しか
来なかったそうです。

世間から見たら、羨望の的となる抜群のルックスが悩みの種になるなんて
何とも贅沢ですが、俳優としては死活問題です。

3年間は仕事に恵まれず、パチンコで生計を立てていたといいます。
月に15万を1年半ほど続けたそうですが、パチプロで生計を立てられるなんて、
それもまた持って生まれた運の強さでしょうか。

そんな時に、かつて活躍して現在はとんと見かけなくなってしまった有名人の
今を捜索するバラエティ番組「あの人は今!?」で取材されてしまい、
このことが奮起のきっかけとなりました。

プロフィールで趣味の一つとして公表されている古武道を始められたのは、この頃です。
これがのちの時代劇の役作りにも活かされているのでしょう。

さえない時代をいかに過ごすかが、後の成功を左右するものなのですね。

家族の身長は?

これほど高身長の阿部さん。さぞかしご両親も背が高いのかと思いきや、
調べてみると、160cm前後だそうです。

阿部さんにはお姉さんとお兄さんがいて、3人兄弟の末っ子ですが、
お兄さんの身長も170cmほど。

自分よりも20cmも背が高い弟って、何だかケンカもし辛いですよね。

ちなみに、阿部さんは彫りの深い顔立ちから、ハーフと思われがちですが、
ご両親はハーフでもクォーターでもなく、純粋な日本人だそうです。

愛車はファミリア?

阿部さんには車にまつわるエピソードがいくつかあります。

一つは、ファッションモデルになるきっかけとなったオーディションの
応募動機が車だったということ。

学生でお金がなかった阿部さんは、見事、念願叶って優勝賞品の車を
手に入れます。けれど、自動車保険や駐車場代など、結局お金がかかってしまい、
しかも冷房がついていなかったために、夏は裸で運転しなければならなかったとか。

散々でしたね。(^^;

もう一つは、阿部さんは大のマツダ車好きで、コンパクトな黄色の「ファミリア」を
15年以上も乗り続けており、走行距離は10万キロを超え、査定価格もマイナスになる
のだとか。俳優にならなければマツダに入社しようと思っていたとの逸話があります。

けれど、この噂は「背が大きい僕が小さい車に乗っているっていうのが、
面白いんですかね。実際は大きな車に乗ってますよ」とご本人が否定。
どうやら都市伝説だったようです。

でも、どこかおちゃめな阿部さんらしい都市伝説ですね。

憎めない愛されキャラ

これだけイケメンだと、普通は必ずと言っていいほどアンチがいるものですが、
阿部さんを調べてみても、全くと言っていいほど悪く言う声が聞かれません。

それも、トーク番組などでたまに披露される抜け感や、思わずクスッと笑って
しまうようなキャラクターを多く演じられているせいもあるでしょうか。

女性だけでなく、男性からも人気があって、
「阿部寛はただのイケメンではない”男前”だ!」と絶賛の声も上がるほど。

そんな阿部さんの人柄が伝わってくるエピソードをいくつか挙げておきましょう。




・洗濯が大好きで、回っている洗濯機をずっと眺めている。
たまに絡まっている洗濯物を助けてあげる

・夏は枕元に虫取り網をおいて、 蚊が出たらその網で捕まえて潰している

・共演の仲間由紀恵さんに“ドーベルマンを二匹飼っている”と 言ったが、
実はマルチーズを二匹飼っていた。

ほんとにお茶目ですね。(^^)

結婚生活は?

かつてはゲイとも噂されていた阿部さんですが、2007年11月に結婚会見を行い、
翌年2月に一般女性と入籍しています。

友人の食事会で出会い、阿部さんがメールをしたことから交際に発展したそうです。

結婚会見の時には、阿部さん本人が描いた奥さんの似顔絵を披露し、
「結婚できない男が結婚しました」と会場の笑いを誘っていました。

奥さんは身長169㎝のスレンダー美人で、阿部さんより15歳年下の元OL、
料理上手で家庭的なしっかり者とのこと。

阿部さんは「ひろしくん」と呼ばれているそうです。

40歳になって結婚を決めた理由を、「30代は仕事。40歳になってひと段落した
ときに彼女がいた」と語っています。

かつて阿部さんはモデル時代に購入した投資用マンションが
バブルのあおりを受けて暴落、数億円に上る借金を背負っていました。

2007年の映画『バブルへGO!! タイムマシンはドラム式』の舞台挨拶で、
「最近になり(バブル時代に作った数億円の)借金を返し終えた」と
告白していますから、約20年かけて借金をきれいに片付けた上での
結婚の決断だったのかもしれません。

子供は2011年と翌年に2人の女の子が生まれていて、
長女は青山学院の幼稚園に通っています。

私生活も充実され、ますます活躍されて行かれることを期待したいですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

おすすめ記事

最近のコメント

    カテゴリー

    ページ上部へ戻る